大相撲  3月 大阪場所

毎日 毎日の 新聞、テリビでの報道でご存知のように 大阪での 春場所の中止が決定した。
私は、別段 相撲の 大フアンでは ないが でも 大阪春場所が 中止になったのは 悲しい。

3月の まだ 花のツボミも固く 肌寒いが でも 確実にポカポカの春に1歩1歩ずつ近つく 3月
その時期に 大阪の街に すもんとりが、いきなり 降って沸いたかのように現れる。つまり まず
大阪場所でのすもんとりの訪れにより 大阪人は春を感じ それから 東大寺のお水取りの
ニュースをテレビで見聞きして、「もう 春やね」と感じ 木蓮、桜 と花が咲き 春が完結されるのである。
そういう意味で 大阪場所は、相撲が好き嫌いに関わらず 大阪人のDNAに刻まれた 大事な行事
なのである。うちの近くの公園にも テントが、張られ土俵が 作られる。 まだ 幕下の若いすもん
とりが 大きい体でジャージを着て 自転車乗ってウロウロしている。 僕は、朝 銭湯に行くのが好き
でよく行くが、大阪場所の時は 稽古後の力士が来ていて 同じ銭湯なのに 人間のような 怪獣と
一緒にf風呂入ってるようで 面白い感覚に陥る。テレビで見る 幕内力士や親方も 横で 若いのに
体を洗わせているのを 見れることもできる。

大阪は、相撲言葉の 「タニマチ」の 町。 明治時代に 谷町7丁目のお医者さんが、大の
相撲ファンで無料で治療したとか 谷町の大棚の呉服問屋や主人が 何かと力士を応援したとか
諸説は 多々在るが スポーツ選手、芸能人の無償スポンサーの旦那衆の事を現在も 「タニマチ」 
と 呼ぶ。 現在も 大阪場所になると 谷町9丁目あたりの お寺が臨時の相撲部屋となる。 
引退したが 朝青龍の高砂部屋も 大阪場所では、この辺に部屋を置いている。

その辺まで うちの事務所から 歩いて15分くらいで 余裕でいける。 毎年 春場所が当たり前の
ように思ってきたが 当たり前では 無くなった事に 寂しさを感じ、今年の春は いつもと 違う 
春の迎え方になるなー と 思う 今日この頃です。 

a0147416_1433444.jpg

[PR]

by staygoldco | 2011-02-08 14:29 | OSAKA  

<< ボスの座捨て恋に生きたサル、移... 2011 A HOPE HEM... >>