A BENEFIT CONCERT FOR MUSE

a0147416_1218393.jpg

ジャクソン・ブラウンやクロスビー/スティルス/ナッシュ、ジョン・ホール、ボニー・レイットらが、日本の被災者と世界の脱原発のためのベネフィットコンサートを開催します。

日時:8月7日(日曜日)午後3時より
場所:Shoreline Amphitheatre in Mountain View, CA
出演:Crosby, Stills & Nash, Jackson Browne, Bonnie Raitt, Jason Mraz, The Doobie Brothers, Tom Morello, John Hall, Kitaro, Jonathan Wilson, Sweet Honey in the Rock, 他

「福島の惨事は日本だけでなく地球全体の惨事。文化や政治、世代を超えて、自分たちのエネルギー消費の仕方や、人類が直面している問題の解決を模索する方法を共に変えていくよう呼びかける。日本の人たちと、そして核のない未来を信じているすべての国の人たちと共に!」 (ジャクソン・ブラウン)

「絶対に素晴らしいショーになるとともに原発の危険性を皆に啓蒙する機会でもある。」(グラム・ナッシュ)

「オリジナル・メンバー数人が集まり若いミュージシャン達とも組めてラッキー。日本の被災地の早急な支援を行い核のない世界という認識を高めたい。」(ボニー・レイット)

「今こそがターニングポイント。企業に押し付けられた構造を打破して将来の代替燃料について考えていかないといけない。核エネルギーの人災と自然の脅威による惨事から日本の友人たちが復興するのを、僕たちが一体となって助けたい。安全で核のない未来へ向けて、直面している課題や責任を皆に啓蒙したい。」(パット・シモンズ)

会場のステージでの電力には、太陽、バイオディーゼル、風力発電などを使用。照明は節電できるLEDライト。代替エネルギーの促進と、被災地支援、脱原発プログラムやイニシアチブの提唱を図ります。

3月11日、日本を襲った地震と津波で福島第一原発の複数の核燃料がメルトダウン。この直後から、このベネフィットコンサートを行うことを決定したそうです。Shoreline Amphitheatreを会場として選んだのは、太平洋に一番近く、日本との深いつながりもあり、またカリフォルニア沿岸にある原発が福島原発と同じ方法で使用済み燃料を保管しているためで、コンサート日程は、広島原爆記念日(1945年8月6日)と長崎原爆記念日(1945年8月9日)の間に設定したとのことです。

http://www.musiciansunited4safeenergy.com/

前回の NO NUKES LIVE より 約30年 前回は、対岸の火事的な、スリーマイル島での原発事故での MUSE (Musicians United For Safe Energy)【 音楽家による安全なエネルギー推進団体】であったが、今回は、まさかの日本で起こった原発事故。 今正に安全なエネルギーを考え直す時期である。
[PR]

by staygoldco | 2011-07-28 12:32 | Music & Art  

<< 冷麺 と 冷麺 トロピカルパラダイス2011 ... >>