土曜 の 昼下がり Coffee & The Grateful Dead

今日は、事務所 お休みの土曜日です。 

が 何やかんやと 事務処理が 有るので 一人 出勤しています。
そんな時は、普段 大きい音では、聞けない The Grateful Dead を 爆音で 聞いています。

The Grateful Dead Road Trip VOL.3 NO.1
28/12 1979 Live at Oakland Auditorium Area , Olkland CA Plus (Bounus 30/12 79')
a0147416_1258669.jpg


僕にとって Dead は、良い とか 悪い とかを 超越した もので、 つまり HEADS さん です。

僕と Dead の出会いは、1980年 初めて アメリカ San Francisco に渡った時でした。
Berkeley に 滞在中 何から何まで 世話してくれた 先輩と 話してる時に 好きな音楽の話になり
先輩の好きな Dead を 知らない と ゆうと 急に真顔になり 「何しに シスコ に来たんや!
Dead も 知らん と! お前 Dead の Show を 最前列で、踊れる根性は、有るのか!」 と
何で、怒られてるのか 解らん状態で、怒られました。 それから アメリカ初上陸 2日目で、
ただただ Dead が かかり アメリカ人のREAL な HIPPIEさんと 知らない人の家で 円卓を囲み 
朝まで過すというPARY に 置き去りにされたり して Dead の 洗礼 を いやっ!ちゅうほど 
浴びました。でも 正直 その頃の まだ ミハーな 二十歳の 若造 には Dead は、早すぎました。

それから 10年後の1990年 やっと Dead の Show を 見る事が、出来 
本格的に Dead に はまり 立派な??Dead Heads に成り 20年経ちました。
あの時 道筋を付けてくれた 先輩に感謝します。今回のCDは、丁度 その頃の音です。
Jerry の ギターも 変化自在の Phill の ベースも Bobyの声も Mickey & Bill の リズム隊
も 元気そのものです。Brent は、未だ 本領はっきしてませんが、、
また 僕 と Dead の かかわり については おいおい 出して いきます。

The Grateful Dead 31-10-80 @ Radio City Music Hall NewYork City NY - Flanklin's Tower


Thank you for The Grateful Dead . 30 years So Far with you .
Always I need Miracle everyday !
[PR]

by staygoldco | 2010-01-23 15:40 | Music & Art  

<< ORGANIC COTTON ... 今日 の 1枚  Rickie... >>